【羽村市】コロナ禍における保育施設利用ガイドライン(第2版)

2021年1月8日 金曜日投稿

コロナ禍における保育施設利用ガイドライン(第2版)

令和3年1月8日

 保育施設では、子どもたちの安全に十分配慮して運営していますが、集団感染が発生するリスクを完全に防ぐことはできません。集団で園生活を送るということは、ご自身のお子さんが感染するリスクがあると同時に、他のお子さんを感染させてしまうリスクもありますので、お互いにルールを守ってご利用いただきますようお願いします。

1 保育施設利用にあたっての留意事項

(1) 仕事が休みの場合など自宅で保育可能な場合は登園を控えてください。

(2) 園内の過密状態を少しでも軽減するため、保育時間(保育標準時間の場合は午前7時~午後6時、保育短時間の場合は午前8時30分~午後4時30分)にかかわらず、勤務先の出退勤時間に応じた送迎にご協力ください。

(3) 園児および同居家族の朝夕の検温、体調チェックは必ず行ってください。園児に発熱(37.5以上)や呼吸器症状等の風邪症状が見られる場合は、症状が治まり24時間が経過するまでお預かりできません。また、園児の体調が良好な場合でも、同居家族に風邪症状が見られる場合は登園を控えてください。なお、呼吸器症状が感染症に起因するものでないと医師が判断した場合はこの限りではありません。

(4) 園児が濃厚接触者に特定された場合は、速やかに園に連絡してください。感染者と最後に濃厚接触した日から起算して2週間はお預かりすることができません(PCR検査で陰性が確認された場合も同様です。)。

(5) 園児が医師の診断によりPCR検査を受けることとなった場合は、速やかに園に連絡してください。PCR検査で陰性が確認されるまではお預かりすることができません(陰性が確認された後も保健所の指導により一定期間お預かりできない場合があります。)。

(6) 園児の同居家族が濃厚接触者に特定された場合、医師の診断によりPCR検査を受けることとなった場合については、園児が濃厚接触者に特定されなければ登園可能とします。ただし、濃厚接触者に特定された、若しくはPCR検査を受けた同居家族の方の園児の送迎については、指定された自宅待機期間中はご遠慮ください。

(7) 園児の感染が確認された場合は、症状の有無にかかわらず、医師により治癒が証明されるまでの間はお預かりすることができません。

(8) 園児の同居家族の感染が確認された場合は、速やかに園に連絡してください。園児が濃厚接触者に特定されなかった場合は、園児の体調の変化に十分注意した上で登園可能としますが、感染拡大のリスクを抑制する観点から出来るだけ登園を控えてください。

2 情報の共有等

(1) 「1 保育施設利用にあたっての留意事項」において情報提供いただいた内容は、園と市で情報共有させていただきます。また、園児に兄弟姉妹がいる場合は、必要に応じて、学童クラブ担当、小中学校等へ情報提供する場合がありますのでご承知おきください。

(2) 園児が新型コロナウイルスに感染した場合は、個人名やクラス名等は伏せた上で、感染の経過等について、園の連絡網等により保護者の皆さまへ情報提供します。

3 臨時休園

(1) 園児(または園職員)が感染した場合は保健所の指導に基づき対応します。その際、施設の消毒や濃厚接触者の特定のため直ちに休園となる場合があります。休園となった場合の期間は通常1~2日程度となりますが、感染が拡大した場合等は期間が延びる可能性があります。

(2) 臨時休園となった場合は、感染拡大のリスクを抑制する観点から他の保育施設での代替保育は実施できませんので、自宅保育等で対応できるようあらかじめご準備いただきますようお願いします。

(3) 市が羽村市社会福祉協議会に委託実施しているファミリー・サポート・センター事業では、サービスを提供する協力会員とサービスを受ける利用会員による共助の仕組みとなっており、日時等の条件が合えばお子さんをお預かりすることができます(有料)。
 利用にあたっては、事前に利用会員登録が必要となりますので、利用する可能性がある場合は、羽村市社会福祉協議会(電話 042-554-0304)で登録手続きをお願いします(平日のみの受付となりますのでご注意ください。)。詳しくは、市または社会福祉協議会の公式サイトでご確認ください。

4 人権尊重、個人情報の保護

 感染された方の詮索、園児等への差別や偏見、SNS等でのむやみな情報拡散などが起こらないよう十分ご配慮ください。

5 新型コロナウイルス相談窓口新型コロナウイルス相談窓口

【平日 午前9時~午後5時】西多摩保健所相談センター (0428-22-6141)
【土日・夜間】帰国者・接触者電話相談センター (03-5320-4592)

【羽村市】緊急事態宣言を受けての保育施設の利用について

2021年1月8日 金曜日投稿

事務連絡
令和3年1月8日

市内保育施設利用者 各位

羽村市子ども家庭部
子育て支援課長 吉岡泰孝

緊急事態宣言を受けての保育施設の利用について

 日頃より羽村市の行政運営にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
 国は昨日、国内における新型コロナウイルス感染者の急増を受け、1都3県に対し緊急事態宣言を発令しました。
 発令期間は2月7日(日)までの1ヵ月間で、主な内容は、飲食店の営業時間の短縮、夜間における不要不急の外出自粛、企業に対するテレワークの一層の推進等を要請するものとなっており、今回は、社会経済活動への影響を最小限にするため、学校の休校や保育施設の登園自粛は求めないこととされています。
 羽村市におきましても、国の対応に準じ、登園自粛の要請は行いませんが、保育施設の利用にあたりましては、「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」に基づき、ルールを守ってご利用いただきますようお願いします。
 特に、施設内での集団感染のリスクを最小限に抑えるため、お子さんや同居のご家族に風邪症状などの体調不良が見られる場合は、必ず登園を控えてください(ガイドライン1-(3))。
 なお、今回、ガイドラインの一部を内容更新した「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン(第2版)」を添付しましたので改めてご確認ください(更新箇所は赤字で表示しています。)。
 保育施設では、引き続き、子どもの安全を第一に保育を実施してまいりますので、保護者の皆さまにおかれましても、日頃からご家庭での感染予防を徹底するなどご協力をお願いします。
 ご不明な点等がございましたら下記担当までお問い合わせください。

【問合せ】
子育て支援課保育・幼稚園係
電話 042-555-1111 内線 240・233・231

【保護者の皆様】コロナ禍に関わる年末年始の緊急連絡について

2020年12月24日 木曜日投稿

現在、羽村市の「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」において、園児が濃厚接触者に特定された場合は園までご連絡いただくようお願いしております。
年末年始の休園期間中につきましても同様となりますが、その際はメールにてご連絡いただければと思います。
連絡先はいつもと同じメールアドレスです。お手数をおかけしますがよろしくお願いします。
※保護者の皆様には来週改めて、メールにてご案内させていただきます。

【参考】
(厚生労働省) 年末年始を含む休日において保育所等で新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合に備えた連絡体制等の構築について (12/23)

【東京都】ベランダ等からの子供の転落事故防止について

2020年12月15日 火曜日投稿

東京都福祉保健局より「子供の転落事故防止のための注意喚起について」の依頼がありましたのでお知らせさせていただきます。


ベランダ等からの子供の転落事故防止について

 子供が保護者の目の届かないところでベランダに出て、エアコン室外機などを足掛かりに手すりを乗り越え、転落する事故が発生しています。本年6月にも、全国で4件の子供の転落事故が相次ぎ発生しました。
 例年、自宅の窓を開ける機会が増える春先や初秋に、事故が発生する傾向がありますが、今後は、新型コロナウイルス感染症の家庭内での感染防止のため、自宅の窓を定期的に開放する機会が増え、時期に関わらず事故のリスクが高まることも考えられます。
 ご自宅で過ごす時間が多くなる年末年始の時期も、お子様たちが元気に安全に過ごせるよう、ベランダや窓のそばに子供の足場になるようなものが置かれていないか、この機会に改めてご確認をお願いいたします。

【参考】
〇「子供のベランダからの転落事故に注意!」(平成30年3月・東京都生活文化局)
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h29/documents/29_leaflet_balcony.pdf

羽村ゆとろぎアーツプロジェクト2020

2020年12月9日 水曜日投稿

12月16日(水)から12月27日(日)まで、
羽村市生涯学習センターゆとろぎの展示室にて、
羽村ゆとろぎアーツプロジェクト2020が開催されます。
アートやデザインと社会とのつながりを学ぶ武蔵野美術大学(ムサピ)の芸術文化学科の10名の学生さんが
羽村市の生活・文化・社会・自然を感じ取り、それぞれのまなざしを通してつくり上げた作品が展示されます。
武蔵野美術大学とあおぞら保育園が協同で行っている「保育園美術館プロジェクト」の活動も紹介されます。
ご興味のある方はぜひ、展覧会へお越しください。

武蔵野美術大学のイベント紹介ページ

 

【消費者庁より】0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください

2020年11月28日 土曜日投稿

消費者庁より注意喚起の案内が届いていましたのでお知らせさせていただきます。


0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください!

頭部を負傷する事故に加え、窒息事故も報告されており、ベビーベッドの安全基準が見直されています

画像:転落事故事例の発生パターンを参考として、ダミー人形を使用した転落事故のイメージ。ベッドガードとベッドとのすき間に0~1歳児を想定した人形が転落しているシーンのイメージ写真3枚。左:ベッドと壁の間に挟まれて窒息 中央:寝返りで頭から転落 右:ベビーベッドの収納扉から転落し、柵とマットに挟まれて窒息

子どもが大人用ベッドやベビーベッドから転落することにより負傷又は窒息する事故報告が寄せられています。

数十センチメートルの高さのベッドでさえも、転落すると、頭蓋骨骨折や頭蓋内損傷のおそれがあります。また、ベッドと壁や物との間に頭が挟まれるなどして窒息するケースもあり、場合によっては命を落とす危険性があります。転落事故防止のため、0~1歳児は、大人用ベッドに寝かせるのではなく、できるだけベビーベッドに寝かせましょう

ベビーベッドは、常に柵を上げて使用し、収納扉がロックされていることを必ず確認しましょう。なお、令和元年11月15日付けで、消費生活用製品安全法の特別特定製品であるベビーベッドの適合性検査の実施に当たり、新基準が適用されています。旧基準の製品を使用する場合は、収納部分の扉のロックが壊れていたら、直ちに使用を中止してください。

消費者庁公表資料

【保護者の皆様】羽村市より「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」の再確認のお願い

2020年11月17日 火曜日投稿

本日園長会にて羽村市保育担当課より、「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」を保護者の皆様に再度ご確認いただくよう伝達してほしい旨の話がありましたのでお知らせさせていただきます。


 国内の新型コロナウイルス新規感染者数が連日千人規模となり、羽村市でも感染者数が増加しています。幸い羽村市内の保育園ではこれまで園児や園職員の感染はありませんが、いつ感染者がでてもおかしくない状況であるといえます。
 「コロナ禍における保育施設利用ガイドライン」により、園児や園職員が感染した場合は直ちに休園となります(1~2日程度)。また、臨時休園となった場合、他の保育施設での代替保育は利用できません。そのため保護者の皆様には、ガイドラインに記載されている通り、休園時に自宅保育等で対応できるよう、今のうちからご準備いただきますようお願いします。

【お願い】
繰り返しのお願いとなりますが、他の園児・ご家族の間で罹患者が出た場合には、差別等の言動のないようにご配慮くださいますようお願いします。