太陽の子保育園について


園の概要・クラス編成、社会福祉法人陽光福祉会の経営理念・保育理念・保育の基本方針、太陽の子保育園の保育目標です。

園の概要

施設名 太陽の子保育園
施設長 大庭 正宏
郵便番号 205-0011
住所 東京都羽村市五ノ神3丁目15番の7
電話 042-555-5780
FAX 042-555-5767
ホームページ http://taiyonoko.sunshine.ed.jp
e-mail info@sunshine.ed.jp
開所時間 午前7時~午後8時(延長保育時間含む)
対象 産休明けの生後8週間~就学前
休園日 年末年始休日(12月29日~1月3日)
開園年月日 平成13年4月1日
敷地面積 992.58㎡
建築面積 461.8 ㎡
延面積 851.63㎡
屋外遊戯場面積 316.17㎡
構造 鉄筋コンクリート造3階建
園舎全景 前面
園舎全景 背面
園庭
 

クラス編成

年齢 クラス名 利用定員
0歳児 ひよこ組クラスマーク ひよこぐみ 12名
1歳児 ぺんぎん組クラスマーク ぺんぎんぐみ 20名
2歳児 うさぎ組クラスマーク うさぎぐみ 20名
3歳児 ぱんだ組クラスマーク ぱんだぐみ 20名
4歳児 くま組クラスマーク くまぐみ 21名
5歳児 らいおん組クラスマーク らいおんぐみ 21名
    114名
一時保育 りす組クラスマーク りすぐみ 10名

go to top

経営理念

社会福祉法人 陽光福祉会の運営する保育園は、社会福祉事業法第3条および第5条にある「基本理念」「地域等への配慮」「事業経営の準則」に基づき、「子どもの健やかな成長を援助する」ことを基本理念とします。

保育理念

経営理念を前提に、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行います。
保育にあたっては、「児童憲章」「子どもの権利条約」に基づき、子どもの人権や主体性、そして個性を尊重し、児童ひとりひとりの最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進していきます。
あわせて、地域における家族援助を積極的に行うことにより、公的施設としての社会的責任を果たしていきます。

保育の基本方針

保育の基本方針は「保育所保育指針」に依拠した上で職員は、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行うこと、そして、人権を尊重しプライバシーを保護することを基本原則として保育に臨みます。さらに児童の最善の幸福を願うため職員は、子どもの心を大切にし、常に子どもの視点に立って接していくなかで、子どものもてる可能性を、子ども自身の力で開花させていく保育の実践に全力を注ぎます。
そのため、職員は以下に掲げる7つの視点を持ち、よりよい保育のために日々努力研鎖を行っていきます。

  1. 子どもをひとりの人間、人格者として認める
  2. 子どもの立場・視点に立って物事を考え共感できる
  3. 子どもの自尊心を傷つけたり、見下したりしない
  4. 子どもと共に成長しようとする前向きな姿勢
  5. 大人のものさしで善悪の判断をしない
  6. 明るく優しいおおらかな心
  7. 子どもの心をよく理解し、子どもの言葉に耳を傾ける

保育の目標

「丈夫な身体と豊かな心を育てる」

  1. 個性豊かな子ども
  2. 情緒豊かな子ども
  3. 思いやりのある子ども
  4. 何事にも挑戦できる子ども
  5. 主体性・自主性のある子ども
  6. 自分の意思をはっきり伝えられる子ども

保育目標のイメージ
go to top